「水木しげるが見た光景」展示会感想

イベント

調布で開催中の展示会「水木しげるが見た光景」に行って参りました。

水木先生が調布で執筆活動をしていたのは有名な話。

氏が実際に使っていた執筆道具も

戦争や困窮の苦悩を作品に昇華させる態度には頭が下がる思いです

(鬼太郎反射で見えない……)

水木先生は片腕を失っていたのでバインダーを愛用していたというのが生々しい。

あと、水木先生の半生を短くまとめたムービーが見れたのがよかったですね。

展示会は11/30までやっているとのこと。

規模はコンパクトですが、入場無料なので行き得ですね。